2003年長野県ジムカーナ チャンピオンシリーズ
SAB3クラス・チャンピオン争いの軌跡

SAB3クラス ポイント推移
氏名Rd.1
さる
Rd.2
伊那
Rd.3
柿崎
Rd.4
さる
Rd.5
伊那
Rd.6
さる
Rd.7
伊那
Rd.8
さる
総合有効
小林圭司121215201020-1510482
落合秀幸2020--20-1237575
深澤 悟-15121581515129272
広瀬征登志6-2012126-106660
近藤 弘156-10312886253
下平昌彦----151020-4545

■参加選手総数: 15名(前年比-10)
■平均参加台数: 8.1台(前年比-2.4) (最多14/最少4)

 昨年の車両トラブルの悔しさをバネに実力をつけてきた小林圭司は、開幕から3位、3位、2位と連続で表彰台に登り、第4戦でついに念願の長野戦初優勝を飾ると、第6戦でも2勝目を挙げてシリーズトップに立つ。その小林を追いかけるのは第1、2、5戦で優勝したベテラン落合秀幸。壊しグセの直っていなかった小林はマシントラブルで第7戦を欠場してしまうが、最終戦で2位に入り、落合を振り切ってシリーズチャンプを獲得した。深澤悟は2位4回、3位2回と毎戦勝負にからみながらもあと一歩及ばずにシリーズ3位。ノーマルタイヤで戦った広瀬征登志はシリーズ4位に入って周囲を驚愕させた。

小林圭司 落合秀幸 深澤 悟
チャンピオン:小林圭司 シリーズ2位:落合秀幸 シリーズ3位:深澤 悟


間違い等ありましたら、WebMasterまでご連絡ください
Home/ 2003長野県シリーズ