2003年長野県ジムカーナ チャンピオンシリーズ
SAB2クラス・チャンピオン争いの軌跡

SAB2クラス ポイント推移
氏名Rd.1
さる
Rd.2
伊那
Rd.3
柿崎
Rd.4
さる
Rd.5
伊那
Rd.6
さる
Rd.7
伊那
Rd.8
さる
総合有効
西村武典1520--2015202011095
粟屋俊輔20122020--151510290
竹内 豊12615151281288866
石橋謙一68481020646652
森野孝一831010812225548
松浦行洋--846108124844

■参加選手総数: 18名(前年比-14)
■平均参加台数: 8.8台(前年比-4.6) (最多10/最少7)

 SAB2クラスは2年連続チャンプの西村武典と粟屋俊輔の2強対決となり、第7戦を終わった時点で互いに3勝ずつ挙げて3位以下に大差をつける。わずか3ポイント差で迎えた最終戦は、一本目ハーフウェットから二本目ドライに変わる天候の中で、西村が渾身の走りを見せて粟屋にコンマ6秒差で競り勝ち、3年連続でシリーズチャンプを獲得した。一方の粟屋は、関東ミドルシリーズで入賞を重ねるなど実力は登り調子であり、最終戦の表彰式において長野戦からの卒業を宣言した。2位2回、3位3回とコンスタントに表彰台に登った竹内豊がシリーズ3位。成長著しい若手の松浦行洋はシリーズ6位。2004年の台風の目になるか?

西村武典 粟屋俊輔 竹内 豊
チャンピオン:西村武典 シリーズ2位:粟屋俊輔 シリーズ3位:竹内 豊


間違い等ありましたら、WebMasterまでご連絡ください
Home/ 2003長野県シリーズ