2002年長野県ジムカーナ チャンピオンシリーズ
CDクラス・チャンピオン争いの軌跡


CDクラス ポイント推移

■参加選手総数: 10名(前年比+2)
■平均参加台数: 4.7台(前年比+0.7) (最多7/最少2)

 2002年度の改造車クラスのトップニュースは、『上條兄弟の隼購入』である。 そのニューマシンに不慣れだった第2・3戦こそ前年チャンプ二見信の後塵を拝した上條栄一であったが、第4戦で宿敵・二見に競り勝つと、一度も首位の座を譲ることなくチャンピオンを獲得した。 シリーズ2位には上條友成が入り、兄弟でのうれしいワンツーフィニッシュとなった。
 ライバルの台頭を素直に歓迎しながらも、2001長野チャンプとして一矢報いたい二見であったが、最終戦では痛恨のマシントラブル・リタイヤによりノーポイントに終わり、シリーズ3位に甘んじる結果となった。


上條栄一 上條友成 二見 信
チャンピオン:上條栄一 シリーズ2位:上條友成 シリーズ3位:二見 信



間違い等ありましたら、WebMasterまでご連絡ください
Home/ 2002長野県シリーズ